わきがは日常生活の中で軽減することができます

思春期になり、ホルモンの分泌が盛んになり始めた時に、自分が人とは違う臭いがすると思った人は少なくないかもしれません。いわゆる汗臭さとは違う、特有の臭いです。

私が中学生だった時にも、同級生にそういう生徒がいましたが、それがわきがだと知ったのは大人になってからでした。体臭は個人の体質ゆえに、感じ取った方も表立っては責められず、ただ我慢するしかありませんでした。

しかしわきがだった本人が、一番つらい思いをしていたはずです。毎日入浴して体を清潔に保っていても、アポクリン腺からの分泌物が他の脂肪分などと混ざり、分解されることで臭いを発するようになってしまうのです。また両親がわきがだった場合、高確率で子にも遺伝すると言われています。

私の同級生は、自分の臭いが周囲を不快にさせていると思いこみ、過度に気にするあまり不登校になってしまいました。その後消毒用のアルコールでワキを拭くことで常在細菌を消し、毎日欠かさずワキ毛の手入れをし、殺菌効果のある制汗剤を使うことで、臭いを軽減することを実現しました。

同級生の場合は軽度のわきがだったので、それが成功しましたが、重度の場合、わきがを根本的に治す方法は、手術以外にありません。健康状態にまで影響が出る前に、医師の診断を受けましょう。